はなまる のえる!

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

竜ヶ岳登山 の巻

堂々宣言した 2014年分の記事
年内オールアップですが・・・

有言実行ならず・・・(-公-、)シクシク

よって、ぼちぼち書いていこうと思います。

---------------------------------------------------------------

2014年11月23日。

時刻は午前8:19

P1280368.jpg

年内のお山納めだーーー!!

と、早起きして中央道を順調に走り、
目的地のICを降り、一般道を走ることしばし・・・

それは突然 起こりました。

ローカルな国道?を走っていると、突如 渋滞し
おかしいなあ~~  などと言いながら進んでいると
今しがた おきた車同士の衝突事故現場に遭遇。

ガラス破片が散らばる路面をスピードをおとして通過。

そして、ややしばらく走行したかと思うと ぶーたんが道路端にクルマを停車。

運転席から降りてタイヤを覗きながら

「マジかよ~~~!!  パンクしてるよ~~」


何ですとーーー!!!!

どうやら 先ほどの事故現場からの破片を拾った模様。

時間も時間だし、何せ すぐに修理依頼する店もない。

どうするーーー???

スペアタイヤも積んでないし・・・。

お山どうなっちゃうのさーーー!!!

などと嘆いていたら 案外近くに修理工場が見つかったってわけ。

P1280369.jpg

あちゃーーーー。

ビスみたいな部品が見事にぶっすり入ってるよ~~

しかも 2箇所。

P1280370.jpg

リペア修理で済む範囲かどうか シュッシュして検査中。
ドキドキ・・・

P1280371.jpg

不幸中の幸いで 傷は浅かったようでリペアで済むとのこと。

ねーー、修理時間 結構かかる?
これからお山行くんだけど。

これも短時間で済むらしく 即解決。
ふう~、良かった。

P1280372.jpg

お店の方がとっても親切な人達で
修理の間、別のおじさんに のえちゃんは始終可愛がられてたよ。

ちょっと強面な感じのおじさん、どーしても
のえちゃんを抱っこしてみたくて何度かトライするものの
残念ながら のえちゃんには断固拒否されてたけどね(笑)

P1280373_201501222105147c5.jpg

30分くらいで修理完了!

ъ(゚Д゚)グッジョブ!!

P1280374_20150122210515eb2.jpg

また、何かあったら寄ってね~~と見送られたけど
その時は別件でご挨拶に伺いたいものです。

とにかく親切なご対応に ひたすら感謝。

P1280375.jpg

9:21 無事 目的地の駐車場に到着。
おーー サブ。

P1280380.jpg

あ、見てみて。

のえちゃんアルファアイコン着用してるよ~~♪

P1280381.jpg

『どうっすか?  キマってますか?』

うん、バッチリ!!

P1280384.jpg

9:32  いざ、出発!

P1280385.jpg

空気はひんやりとするけど
日差しもあって まさにお山日和♬
キャンプ場を抜けて登山道入り口を目指します。

P1280387.jpg

あ、今回のお山は
山梨県は竜ヶ岳です。

本栖湖を足元に
富士山の眺めがよく、初日の出(ダイヤモンド富士)を拝めるスポットとして
近年、密かなブームになっているとか・・・。

P1280389.jpg

あ、入口の案内が出てきましたね。
もうすぐなのかな?

P1280393.jpg

本栖湖キャンプ場内に立ち並ぶバンガローを抜けて・・・

P1280394.jpg

落ち葉をサクサクと踏みしめる音にも
癒されますね~~

P1280395.jpg

林道方面へ進みます。

P1280399.jpg

どうやら 登山道に入ったようですな。

P1280400.jpg

のえちゃん疾走‼

元気爆発って感じです。

P1280401.jpg

完全にスイッチオンになっちゃって
すごいハイテンションになってます(笑)

P1280404.jpg

あ、ここからが登山道だったのね(^▽^;)

P1280409.jpg

スタート直後、毎度お馴染みの「階段」の洗礼を受け・・・

もう「塔ノ岳」で全にトラウマ
ヾ(〃>_<;〃)ノ ヤダヤダ

P1280412.jpg

階段なんてなんのその‼

と、余裕の表情。

P1280413.jpg

おいおい、今日の のえちゃんは何だか凄いパワー‼

P1280414.jpg

どんどん駆け上がっていく のえちゃんを追いかけるので
ペース配分も何もあったものじゃない。

P1280415.jpg

ゆっくり行こうよ~

P1280417.jpg

わたくしの願いむなしく 尻尾を振りながら
まーー、チャッチャッと駆けていきます。

P1280418.jpg

ゼーハーゼーハー

あーーー、早くも息が上がってきたしーーー

P1280422.jpg

『あれ? どうしたの?』

P1280424.jpg

もう暑くてたまりません。

P1280425.jpg

『のえちゃんは へーきだよ♬』

P1280427.jpg

ん?
何ですか? その「何か」を期待する目は・・・

上着脱ぐだけなんだけど。

P1280428.jpg

結局何故かおやつを食べ、満足したのえちゃんは
おとなしく リュックIN。

P1280435.jpg

開けた場所に出て パッと姿を現した富士山。

P1280440.jpg

反対側には本栖湖。

P1280443.jpg

さ、髪も結んで いよいよ気合入れて行くよーー‼

P1280445.jpg

目指すは右の丸いお山のてっぺん。

P1280448.jpg

のえちゃんは しばし ゆっくりしてなさい。

P1280450.jpg

背丈ほどはゆうにある笹の道を登りながら・・・

P1280454.jpg

抜群の眺めで富士山を振り返る。

P1280455.jpg

富士山に励まされてるというか
パワーをもらってるというか
なんだか元気に登れるお山。

P1280456.jpg

あのへんは朝霧高原かな?
花咲く季節には一面、芝桜でピンク一色に染まるところも見えるね。

※勘違いだったらスミマセンm(__)m

P1280462.jpg

一応の「ぶーたんと富士山」も撮影しとこか(笑)

P1280468.jpg

で、再び 歩き始めますよ。

P1280473.jpg

えっちらおっちら・・・と。

P1280477.jpg

段々、標高が高くなってきたせいか 霜柱出現。

やっぱり朝晩は冷えるんだね~~

P1280483.jpg

展望台に到着。

P1280485.jpg

で、やっぱりココでも富士山バックにパチリ。

他の登山者の方たちも こぞって同じ行動してたね(笑)

P1280486.jpg

この祠の中には 石仏が一体納められていて

どんな石仏なのか調べてみたところ
なんと1818年、時代は「文政」。
徳川家斉が江戸幕府将軍だった 遠い昔。

本栖集落の人々によって建立されたという貴重な石仏さまだったようです。

本来は三尊石仏で三体の石仏さまがあったようですが
現存するのはこの一体だけらしい。

あとの二体は何処に~~?



P1280487.jpg

近年、現在の上九一色村が登山道を改修工事したことによって
この展望台も建てたとか。

P1280489.jpg

そんな皆様のおかげで楽しく歩かせてもらえるんですね。

あ、あの指さす先の まるいお山のてっぺんに向かってます。

P1280490.jpg

あと、どれくらいかな~?

P1280494.jpg

だんだん 富士山とほぼ同じくらいの
高さになってきたよ~~

勿論、目の錯覚だけど、この距離だと
ほんとにそう思えるんだよ。

P1280497.jpg

のえちゃん、寒くない?

『うん、ダイジョブだよーーー』

P1280515.jpg

おーーー、遠くの山並みも見えていい眺め♬

楽しいなーーー

さきほどの展望台からは笹の間の細い道を
ジグザグに登っていくよ。

下から登ってくる人たちの姿も見えて 高さをしっかり感じ取ることが
出来て入門者のワタクシには もってこい。

P1280524.jpg

あのへんは何ていうお山かな?

まだまだ、経験不足なのでパッと名前が出てきませんが・・・。

P1280533.jpg

霜柱地帯が多くなってきて
日の当たる場所は ベチョベチョどろんこで
靴底の溝に泥が入り込んで 足が重い。

途中、石にトントンして取り除いても
すぐにまた「大足」になっちゃう。

例えて言うなら

フライ料理をしていて
小麦粉、とき卵、パン粉をつけてるうちに
指がどんどん大きくなっていくみたいな。

P1280537.jpg

あ、もう富士山と ほぼ同じ目線。

P1280542.jpg

ほら、ついに山頂到着しましたよ‼

山頂は 広々としていて、これなら好きな場所で
お昼休憩できそう(^^♪

で、突如 アタマに浮かんだのが

懐かしや「一年生になったら」の歌。

NHK朝ドラ、「花子とアン」の言葉を
拝借して言えば

幼少時代のワタクシ
「想像の翼」をよく広げていたもので
ほんとにこの歌詞中の「おにぎりをお山のてっぺんで
食べる」のを妄想したものです(笑)

🎶 一年生になったら
一年生になったら
ともだち100人 できるかな
100人で 食べたいな
富士山の上で おにぎりを
パックン パックン パックンと

まど・みちお作詞

あーー、今になって思えば
この方の詞 他にも沢山、夢いっぱいなのがあるんだよね。


すっかり話が横道にそれましたが
ここなら100人どころか200人でもイケそうです‼


P1280543.jpg

竜ヶ岳の標識と記念撮影するものの
逆光で肝心の「1485M」の文字が見えず・・・



と、無事
山頂にたどり着いたこの辺で
いったん、締めさせてもらいます。

なにせ、この記事書くのに
4、5日は要しちゃいました(・_・;)

次回も近日中に書き上げたいと思いますので
どうぞ( `・∀・´)ノヨロシク


   にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ

   ランキングってのに参加しているよ!
   がんばるからポチしてワン♪
スポンサーサイト

category: お山のこと

[edit]

page top

« 幕張キャンピングカーショー の巻  |  本年もどうぞよろしく♪  の巻 »

コメント

今回も「一緒に登っている」ような気持ちで一気に読ませて頂きました!!
お疲れ様です!!(って まだ下山してない~)

パンク  すぐに修理できてよかったですね
山が「登って!」と 呼んでくれていたんでしょうね♪
富士山もお出迎えしてくれてるし♪
のえちゃん 何回見てもカッコイイわぁ~♡でも、割と早くリュックinしちゃった?寒いもんね~(>_<)

Rデコ #- | URL | 2015/01/26 13:20 | edit

Rデコさんへ

ごめーん(>_<)
ブログ、すっかりおろそかにしててコメントにも
気づかなかったよー!!(゜ロ゜ノ)ノ

最近は手軽だからとフェイスブックにばかり頼ってしまい
深く反省中。

Rデコさんの記事は読んでるんだよ。

下山も書かなきゃ😅

るんちゃ #- | URL | 2015/02/15 21:38 | edit
page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noerun87.blog104.fc2.com/tb.php/556-5d6d09dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。